けんどん屋について

けんどん屋は1995・11・22にオープンしました。

店主はうどん屋に就職し、20歳の時に自分で店がしたいと思い、まず5000円の積み立てから始めて、修行期間10年(チェーン店5年、個人店5年)を費やし、30歳で独立しました。
  

☆店主のつぶやき

けんどん屋は手打うどん店と名乗っていますが、丼物もあるし、定食もあるし、どちらかというと、大衆食堂の延長線にあります。

麺類は、庶民の食べ物だと思うので、誰でも気軽に食べられるものです。

けれど、美味しさを追求しているので品質管理は徹底してます。

「熱いものは熱く・・・そして、冷たいものは冷たく・・・」

そして

安くて・・・美味しくて・・・お腹いっぱいになる

どれも外せません^^♪

【三つ星のレストランに負けないくらいの美味しいうどんが作りたい】

これが開店当初から、今も変わっていない店主の思いです。

けんどん屋のこだわり

★出汁★

お客様に喜んで食べて頂けるように、このような材料を惜しみなく使って、毎日だし取りをしています。

この「白だし」がすべての基本となり、丼だし・ざるだし・・・が出来ます。

☆利 尻 昆 布
・利尻島香深で採れた昆布を2年間寝かせ、「おおひね」として使用しています。こうすることで、より一層深みのある美味しいだしに、仕上がります。

☆鰹 節 【☆産地☆鹿児島県(枕崎・山川)】
・味は上品であっさりとして香りが豊富。最高級のだしとして、「吸い物」「そばつゆ」等、日本料理には欠かせません。

☆宗 田 節 【☆産地☆高知県(土佐清水)熊本県(牛原)鹿児島県】
・鰹節の一種で、鰹節に比べて濃厚なコクのある「だし」がとれます。

☆鯖 節 【☆産地☆熊本県・鹿児島県・愛媛県】
・香りは、あっさりしているが、「だし」はコクがあります。

☆う る め 節 【☆産地☆熊本県・宮崎県・長崎県】
・「だし」は黄金色で濃い香りと、後に残る深みのある味が特徴。特に関西で利用されています。

★屋号の由来★

江戸中期頃、うどんの別名を『けんどん』 そして、麺類店は『けんどん屋』と呼ばれてたそうです。

また上流階級・裕福な商人が麺類を食べる時に使った器を『けんどん箱』と言ったそうです。

これにちなんで、当店では

『謙虚に、ひたすら饂飩(うどん)を打つ』

と、いう独自の解釈も込めて、屋号を【けんどん屋】と名付けました。

★けんどん屋のイメージキャラクター★

このネコは、けんどん屋のイメージキャラクターで、「たまえもん」といいます。

お店を開店するとき、キャラクターがあるといいな…ってことで、友人が「招き猫」をイメージしてデザインてくれたイラストです。

そうです♪

たまえもんは、けんどん屋のオリジナルです!!!

★けんどん屋ロゴ★
 
開店準備の段階で、ロゴをどうするのか悩んでいました。

うどん屋のイメージは「和」です。

それで、父の墨字(お習字)を使おう!!と、ひらめき、半紙に何枚も何枚も書いてもらいました。そして、その中からいちばんの文字を選びました。
 
今でも、その文字を使っています。

こうして、友人がデザインしてくれた「イラスト」と、父が書いた「墨字」で、「けんどん屋ロゴ」が決まりした。

★けんどん屋の現在★
 
けんどん屋は2017年11月22日:祝22周年を迎える事が出来ました。ありがとうございまーーす!
これもひとえに皆様に支えて頂いたお陰と、心より感謝申し上げます。
 
ご来店頂く皆様に「美味しかったよ」と喜んで頂けるように・・・という思いで、日々営業して参りました。

ふと、気が付けば・・・
自分達が想い描いていたお店に成長している事が、とても嬉しく幸せです。

これからも、美味しいうどんを追い求めて努力していきます。今後ともけんどん屋をよろしくお願い致します。

トリップアドバイザー・2017エクセレンス認証

この度、けんどん屋は、トリップトリップアドバイザー・2017Certificate of Excellence (エクセレンス認証) を獲得いたしました。

このCertificate of Excellence (エクセレンス認証) は、トリップアドバイザーの口コミで旅行者から一貫して高い評価を得ている施設に与えられます。

沢山の方にご来店いただき、皆様より口コミを頂いたお陰でございます。

心より感謝申し上げます。ありがとうございました^^